子供の夏の皮膚感染

夏にあると保育園や幼稚園でこの時期特有の病気が流行ります。冬には冬のウィルス感染にママさんたちは悩まされますが夏はウィルス感性に加えて皮膚病にも気を付けなければいけませんよね。夏にはやる皮膚疾患として「とびひ」があります。こちらは虫刺されなどの小さなかき傷にウィルスや菌が入って悪さをする、というもの。一度とびひになってしまうと、その痒さからぼりぼりと皮膚をかいてしまうのですが、そうなると傷の中に入っている菌がどんどんとかいてしまったまた別の場所へ移っていきます。それが飛ぶ火のようだから「とびひ」という病名です。しっかりと病院に行ってお医者さんの診断の元に治療すれば長引かないで済みますが、でもしっかりと治さなかった場合は膿がジクジクと皮膚からでて、困ったことに。とびひかな、と思ったら早めの受診が大切です。これ以外にも夏は何かと皮膚疾患やウィルス感染が多い時期です。ちょっと子供の様子がおかしいと思ったら、なるべく早くに小児科を受診して下さいね。